HOME>注目記事>フラワーギフトは誰にでも喜ばれる贈りもの

気持ちを込めて贈ってみよう

花

お祝いごとや記念日、お礼として自分の気持ちを伝えるということは重要なのですが、プラスして何かギフトがあればさらに喜ばれることでしょう。ちょっとしたお礼であれば、お菓子やハンカチなどが利用されることもあり、高額になれば現金を包むというシーンもあるのですが、祝花ギフトは予算に合わせて作ることができるので大活躍をします。花は、定番ながらも年齢性別問わずに誰にでも喜んでもらえるギフトです。500円程度の予算であれば、短いブーケのような形でテーブルフラワーにしてもらったり、オアシスにいけてもらうアレンジメントもあります。また、土に植えた状態の鉢植えでは、花が咲く植物以外に観葉植物も人気です。

花であれば何でも良いわけではない

祝花ギフトは、花をどのような形にして贈るのかという点に着目する必要があります。3000円の予算で作ってもらおうと考えている場合、花束とアレンジメントの選択が出てきます。花束であれば、いかにもフラワーギフトという見栄えも出てきますが、花瓶の用意や水の取り換えなどのお世話に手がかかることにもなってしまいます。一人暮らしの人や男性に贈るとなると、もらってもその後の世話の不安を持たせてしまいますが、アレンジメントであればそのままオアシスに水を足すだけなのでとても楽です。さらに、ブリザーブドフラワーであれば全くお世話の必要がありません。

花言葉にも着目して選んでみよう

祝花ギフトでは、店舗のスタッフに全てお任せすることもできるのですが、その際に目的を伝えることは欠かせません。花には一つずつに花言葉を持っているため、目的に合わない花を入れられてしまえば相手に失礼なことをしてしまう可能性も秘めています。お祝いであっても、結婚となると永遠の愛や幸せを願うという意味を持った花が向いており、赤いバラはぴったりです。しかし、これを進学のお祝いとして贈るのはおかしなこととなってしまいます。夢や未来を意味する花が向いていることになり、同じバラでも青いものを選ぶようにします。このように、祝花ギフトは花言葉にも着目して選んでみるといいでしょう。

広告募集中